So-net無料ブログ作成

2017/12/03 フランスワイン [飲む]

Yahooポイントを使ってYahooショッピングで買ったワイン。フランスワインということですが。
ワイン.png
1本飲んでみました。レビューでは絶賛されていましたが、私の個人的感想としては、スーパーで売っている500円程度のチリワインと同じレベルでした。レビューの内容をみると星5つの投稿は、同じ短文で連続して投稿されているものがあり、怪しいです。
あの手この手の広告がネット上に散乱していますが、結局はお値段相当といういうことだと思います。
(通販であってもそれなりのお金を出せばおいしいワインを買えると思います)
もし本当においしいワインを破格の値段で販売しているとしたら、逆に酒税を脱税しているとか何らかの違法なからくりがあるのではないかと疑ってしまいます。
商売とはそういうものでしょう。
IMG_5211.jpg
ついでに広告の写真と送られてきたワインを比べてみたところ、ラベルをパッと見ただけでも同じものではないとわかります。広告では1本ごとの銘柄の説明までされているのに、別の銘柄を送ってくるとはどういうことなのでしょうか。フランス、ボルドーワインで金賞受賞というのはラベルを見る限り、当てはまっているようですが。
IMG_5209.jpg
一週間前より花が熟しましたが、数はあまり変わりません。新しい花芽の成長が遅いです。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/2/22 酒 [飲む]

酔うと、不満が増幅します。
でも、翌日になると忘れます。
いやなことを忘れるために酒を飲む。

若い頃は、楽しくなるために酒を飲んでいたのに。
nice!(0)  コメント(0) 

2016/07/22 飲み会 [飲む]


教科書ではわからない日本社会の歴史事情

教科書ではわからない日本社会の歴史事情

  • 作者: 和田 圭司
  • 出版社/メーカー: 医学舎
  • 発売日: 2016/07
  • メディア: 単行本


えらい先生たちとの飲み会がありまして、
えらい医者が書いた日本史の本を紹介されました。
ちょっとマニアックすぎるかもしれませんが、身近な人の著書なので、新・平家物語を中断して、読んでみようかと思いました。

その新・平家物語ですが、25%まで行きました。
保元平治の乱のあとは、平和が訪れて、「平家にあらずは人にあらず」というほど、平家全盛の世の中に。それまで栄華をほしいままにしていた藤原家は衰退していきます。
清盛は、福原に外国と貿易のできる港を作ろうとします。

今読んでいるところは、源氏の牛若が、鞍馬から都にこっそりでてきて、母に密かに会ったあと、東北の藤原秀衡のもとに行くというところです。かなり長いのですが、平家はほとんど登場しません。
nice!(0)  コメント(0) 

2015/11/20 ビール依存症 [飲む]

先日、親戚が集まる会があって、ある人から「ビールが好きなんだよね」と言われて、今さらながら気付いたのですが、私は、アルコール依存というよりはビール依存なんです。
アルコールは、なんでも基本的に飲めますが、ビール以外のアルコール飲料、ワイン、日本酒、ウイスキー、焼酎などは、お付き合いで勧められれば飲みますが、自ら飲みたいとは思いません。
世の中からビールがなくなれば禁酒できる自信があります。逆にビールがある限り、禁酒はできません。しばらく禁酒していたのですが、失敗しました。
ビールの税金が他のお酒より高いのは、私と同じような人々がたくさんいて、税収アップのための政策ではないかと思います。
Googleで「ビール依存症」で検索しても、アルコール依存症しかヒットしません。
もしかして、ビール依存症という病名を提唱したら、新しい疾患概念として脚光を浴びるかも。
nice!(0)  コメント(0) 

2014/12/24 一番搾り [飲む]

一番搾り.jpg
「必ずもらえる」第二弾ということで、一番搾り72缶飲みました。
そういえば、前回の「のどごし生」、応募してからずいぶん経ったのに、まだ送ってきません。

ビールの酒税を下げて、発泡酒、第三のビールの酒税を上げて、統一する案は、見送りになったとの報道がありました。期待していたのに残念です。1日に飲む酒の量が減ったので、これからは基本、ビールで行きたいと思います。

JRの東京駅開業100周年記念スイカ。
結局、希望者全員に販売することになりました。
買えなかった人はもとより、前日から並んで買えた人もある意味、がっかりでしょう。
希望者全員に…の発表がある前にオークションで1万円で買った人は目も当てられません。
今回の騒動で最も得したのは実はJRさんです。
このスイカ、2000円で販売されますが、デポジット(補償金)は500円。
いらなくなってJRに返しても、500円しか戻ってきません。
当初限定販売の予定でしたが、希望者全員となれば、何枚売れるのかわかりませんが、
1500円×売れた枚数があぶく銭としてJRの利益になるわけです。

あの国の国家元首を題材にした映画が、サイバー攻撃による上映中止から一転、表現の自由を守るため、上映されることになりました。あの国の肩を持つわけではありませんが、いくら表現の自由だからと言って、何をしてもよいということはないと思います。こっちの国の元首も立場が逆だったらどう思うか考えてみてください。サイバー攻撃まではしなくとも、普通の人だったら怒りますよ。一方で自分の性器を3Dプリンターで作成し、陳列したとして逮捕されたろくでなし子さんの表現の自由はどうなっているのでしょうか。

ではでは、メリークリスマス。
nice!(0)  コメント(0)