So-net無料ブログ作成

楽天よりアマゾンが好まれる理由 [買う]

楽天を使うときに注意すべきポイントは、ず〜〜と下の方にスクロールすると出てくる、メールマガジンの希望です。最初からチェックが入っていて、そのまま注文すると、毎日のように宣伝のメールがきます。アマゾンはトップページにユーザーが見たり買ったりした商品の関連商品が表示されますが、それなら許せます。メールを削除する方が煩わしいです。欲しいものを簡単にオーダーできるのが、インターネット通販のメリットであり、欲しくないものの広告が洪水のようにくるのがデメリットです。そこのところを、楽天の社長も考えるべきです。

既成政党に失望した国民は、なんの実績もない新党に期待したくなります。過去にも、新自由クラブ、日本維新の会などありましたが、国政の場での活躍は今ひとつでした。民主党は政権を担いましたが、公約はほとんど実行されず、次の選挙で自民党に大敗しました。今回の選挙で望ましい形は、自民党が第1党で過半数割れ、小池新党と連立して与党になるのがよいと思います。そこで邪魔なのが公明党。自公で過半数をとると、今まで通りの自公政権になってしまうので、自公プラス小池新党で過半数というのが、現実的か? 都議会でも公明党は都民ファーストの会と連携しているので、公明党の理解は得られるかもしれません。あとは元自民党の小池さんと、自民党総裁の安倍さんが握手するかということですが、国民にとっては、自民党と小池新党に頑張って欲しいと思います

と言いながら、選挙ではせっかく地元選挙区なので、豊田真由子候補に投票します(たぶん落選しますが)。彼女は、桜蔭高校、東京大学、厚生労働省という経歴で仕事人としては優秀な人材だと思います。これだけ恥をさらしたのに人前に出るという度胸も見上げたものです。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/6/2 ビール系飲料値上げ [買う]

金麦 糖質75%オフ
SEIYUネットスーパーで買い始めたときは6缶で820円(税別)でした。その後知らないうちに858円になっていましたが、今月から948円。
近所のコモディイイダに行ってみると、898円と50円安。とりあえず買ってきました。
このままでは、SEIYUネットスーパーとは決別です。

メーカーが大型店に販売奨励金を渡すことを法律で禁止したことによる今回の値上げ。

値段設定も店によりまちまちのようですが、そのうちにどこかに収束するのでしょう。

しかし、コモディイイダまで毎回、買いに行くのは面倒だ。

この際、飲む量を減らすという選択肢もありましたが、初日から挫折。
nice!(0)  コメント(0) 

2017/01/27 綾小路きみまろ 笑撃ライブ [買う]

綾小路きみまろのCD集のコマーシャルをみた、田舎で一人暮らしの義母が、CDを買ってほしいと言ってきました。
自虐ネタというのでしょうか、おばさん、おばあさんを風刺しているのに、おばさん、おばあさんにウケるという不思議な現象。対象がおじさん、おじいさんだったらこのようにはいかないでしょう。
この商品、CD10枚組で、木製収納ケースと特別編集冊子とラジオがおまけについて一括支払い価格¥29800。
amazonで検索すると、1枚2500円程度で販売されており、中古だと1500円くらいで購入できる。
明らかにぼったくり。
1枚ずつ10枚購入したほうが安い。
10枚(600分)ものおもしろいネタが本当にあるのかも疑わしい。
とりあえず、1集〜3集の中古品をバラで購入し、送りました。
装丁にこだわらず、音声を聞くだけなら中古でも全然問題無し。
nice!(0)  コメント(0) 

2016/12/18 ふるさと納税のからくりがわかったような気がします [買う]

西友ドットコムで購入したアルコールの11月分が20,810円でした。

ふるさと納税の説明を読み直したところ、自己負担金2000円は、品物ひとつにつきではなくて、その年のふるさと納税全体についてのようです。
ふるさと納税した金額の合計が控除の範囲内であれば、本来納税すべき自治体の納税額+2000円で済むということのようです。
そうすると2000円以上の価値のある返礼品をもらえば、納税者にとっては実質お得ということになります。

地方の自治体の立場で考えると、ふるさと納税は本来の納税者でない人からの納税ということになります。もともともらえないものをいただくのですから、赤字にならない範囲で豪華な返礼品を用意しても、全然困らないわけです。
例えば、10000円のふるさと納税に対して、5000円の返礼品を用意したとしましょう。
自治体の実質的な収入は5000円です。
でも、返礼品なしで10000円納税してくれる人を待っているよりも、5000円の返礼品を用意して、大勢の人に納税してもらったほうが、実質的な税収額は多くなります。
納税者はインターネットでお得な返礼品をもらえる自治体を簡単に捜すことができます。

もうひとつの重要なポイントは、返礼品を地元の産業から用意することにより、地元の産業を活性化し、地元の企業の雇用や税収を増やすというメリットがあるということです。

一方で、本来税金を納めてもらうはずの自治体にとっては、税収が減少するわけで、ありがたくない制度ということになります。

控除額の上限、つまり納税額の合計が本来の納税額を上回らないふるさと納税の限度額は、高収入の人ほど多くなります。
あるサイトで調べた計算式は
( 住民税の所得割額 × 20% )÷( 90% - 所得税率 )+ 2,000円
でした。
収入の多い人にメリットが大きいという批判もあるようです。
nice!(0)  コメント(0) 

2016/12/19 箸 [買う]

IMG_4798.jpg
お箸が届きました。
二膳で3000円と、手頃なお値段ですが、若狭塗りということで、ちょっとだけ高級感を味わえました。
IMG_4797.jpg
地上波のテレビにブロックノイズが出るようになり、アンテナを付け替えました。
前より素子が多く、少しだけ高くしました。アンテナが劣化したのか、スカイツリー方向に障害物ができたのかわかりませんが、アンテナ交換で、とりあえずブロックノイズは消え、テレビがきれいに映るようになりました。
nice!(0)  コメント(0)