So-net無料ブログ作成

2017/12/7 イエスの生涯 [読む]


イエスの生涯 (新潮文庫)

イエスの生涯 (新潮文庫)

  • 作者: 遠藤 周作
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1982/05/27
  • メディア: 文庫


イエスは、なぜ処刑されたのか?
遠藤周作が聖書を読み解き、作家としての自分の見解を加えて描く。

その時代、イスラエルはローマ帝国に支配されていた。
イエスは大工だった。
洗者ヨハネの弟子になる。
ヨハネが政治犯として捕まり、死刑になる。
民衆はイエスを担ぎ上げる。
イエスは神の愛を説き、苦しむ人に寄り添うが、苦しみを取り除くことはしない。
人々はイエスに、奇蹟と民族運動のリーダーを期待したが、イエスは何もせず、民衆は失望した。
イエスを政権転覆をねらうリーダーとして恐れていた当時の政権は、民衆のイエスに対する失望が広がったことをチャンスと見て、宗教上の異端者として捕まえ、死刑に処す。
このとき、ユダを始めとするイエスの弟子たちは、自分を守るためイエスを裏切り、政府に密告する。
十字架を背負い、ゴルゴダの丘で張り付けになったイエスは、最期まで弟子への恨みは口にしなかった。
最大の謎は3日目にイエスが復活したという記述だ。
イエスの墓の入口が開いていて、遺体がなくなっていたという。
遠藤周作が作家として最も重視しているのは、イエスを裏切った弟子たちが、イエスの復活後に、熱心にキリスト教の布教に努め、また、その結果、キリスト教がほかの宗派が成しえなかった、現代まで続く主要な宗教として存続している理由である。
ここは、聖書には書かれていない部分で、学者の推測になる。

最後に短く書かれているのは、イエス誕生の話である。
私はキリスト教の幼稚園に通っていて、クリスマスに聖夜の話を劇で演じた。
その話は、あとから付けられた話でイエス誕生の事実ではないという。

歴史は、その場面を自分で見ることができないので、残された資料を分析して、想像するしかない。
遠藤周作は、イエスは人間であり、奇蹟は創作、復活も実際に生き返ったのではなく、象徴的なこととして述べられているのではないかというスタンスでとらえている。

キリスト教を信仰する上で知っておくべきことは、神は人間の苦しみや貧困から救ってくれるのではなく、ともに寄り添う存在だということだ。

「沈黙」をより深く理解する意味で読んでよかった。

nice!(0)  コメント(0) 

2017/11/12 沈黙 [読む]


沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

  • 作者: 遠藤 周作
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1981/10/19
  • メディア: 文庫


江戸時代初期、圧政、重税に苦しむ農民が起こした島原の乱。
幕府はこれを制圧したのち、キリスト教を禁止する。
踏み絵を踏まない信徒は拷問にかけられ、棄教しなければ死刑になる。
そんな日本のキリスト教を絶やさないためにポルトガルの司教が日本へ向かう。
予想されていたことと思うが、日本におけるキリスト教徒への迫害は厳しく、司教は逃亡生活を続けたのち、つかまってしまう。
幕府は、キリスト教徒を密告したものに銀を与えて、取り締まりを強化していた。
奉行、井上筑後守は、司教を殺さず、棄教を促すが、信仰の厚い司教は当然、棄教する意思はなく、どんな拷問にも耐えると神に誓う。
信徒が棄教することを「転ぶ」というらしい。
この司教が最後に「転んだ」のはなぜか?

イエス・キリストは、苦しんでいる人を助けてくれるのではなかったのか?
幕府による制圧で、拷問にかけられたり、殺されたりしている信徒に対し、神はただ沈黙していた。
なにも助けてくださらなかった。
精神的・肉体的苦痛の中で、司教は神の存在を否定しそうになることもあった。

キチジロウという日本人がいる。彼はなんちゃてキリシタンというか、意志の弱い男でキリスト教に頼りながらも、司教を裏切り幕府に売った。
新約聖書でキリストを裏切ったユダのように。

敬虔なカトリック教徒であった遠藤周作の傑作。

nice!(0)  コメント(0) 

2017/10/29 私を離さないで [読む]


わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

  • 作者: カズオ・イシグロ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2008/08/22
  • メディア: 文庫


ネタバレ注意!
原題は Never Let Me Go
背景はこんな感じ。
臓器提供のために生まれたクローン人間を育てる施設がある。
そこで特殊な教育を受けた生徒たちは、介護人を経て提供者となる。
提供者は病院で臓器を提供し、回復センターで療養するということを数回繰り返した後、使命を終え、その生涯を閉じる。
物語はキャシー(女性)、ルース(女性)、トミー(男性)の3人の人間関係を中心に進んでいく。
キャシーとトミーは仲の良い友達から、やがてそれ以上に惹かれあうようになる。
ルースは二人の気持ちを知りながら、トミーに接近し、交際宣言をする。
それから時が流れ、トミーとルースは別れ、ルースが提供者としての使命を終える前に、これまで自分がキャシーにしてきたことを謝罪し、キャシーとトミーの幸福を望む。
ラストは、何か種明かしがあるのかと思っていましたが、そういう推理小説ではありませんでした。
トミーが最後の臓器提供になるかもしれないというとき、介護人をしていたキャシーに介護人の交替を希望する。

最後に浮かんだのはあの歌でした。
瀬をはやみ、岩にせかるる滝川の、別れても末に逢わんとぞ思う

nice!(0)  コメント(0) 

2017/10/17 君の名は (ネタバレ) [読む]




楽天koboという電子書籍アプリをダウンロードすると、100円(だったかな?)で購入できるというので、とりあえず、購入しておいた電子ブック。
読んでみました。
「時空を超える」という言葉が昔からあります。私が子供のころは、スーパージェッターが時空を超えていましたし、若いころは、Back to the futureが時空を超えていました。
昔、転校生という映画があり、男女が入れ替わるのですが、それともちょっと違います。

飛騨に住む三葉という女子高校生と東京に住む瀧という男子高校生が、なんというか心だけ入れ替わるのです。しかも、入れ替わりっぱなしではなく、元に戻ったり、また入れ替わったり。
それだけではありません。
途中でわかるのですが、この二人は3年という時間差の中を行き来しているのです。
ここまでは、それなりにファンタジーとして理解できたのですが、そのあと、時間差によって知った、隕石落下事故を未来から過去へのメッセージで防ぐという話なんですね。
そしてエンディングで二人が時空を超えて出会う(瀧は三葉より3歳年上)。

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray


Amazon videoで映画もみました。レンタル料500円です。本のまんまでした。

さて、次のミッションは、「わたしを離さないで」カズオ・イシグロです。
古本は新品より高い状況です。電子ブックはどこも720円ですが、楽天koboは、10%引きのクーポンがあり、楽天カードで決済すると25ポイント(クーポン使用後)のポイントが付くということで、アマゾンよりお得。楽天koboで購入しました
nice!(0)  コメント(0) 

2017/10/11 夫と妻 [読む]


夫と妻 (岩波新書)

夫と妻 (岩波新書)

  • 作者: 永 六輔
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/01/20
  • メディア: 新書


感想としましては、永六輔さんの妻へのノロケ本です。
奥さんが自分のやりたいことをさせてくれたから自分は幸せだったというお話。
そのほか
中山千夏との対談では古事記を引用して、女性の強さを思い知らされる。
最後に、淡谷のり子さんの話が出てきます。
夫と妻というテーマとは全く関係ないのですが、面白く読めました。
私の記憶では、淡谷のり子は、バケモノみたいなばあさんですが、私が生まれる前には、いろいろあったんだなあということがわかります。

閑話休題。
80代のうつ病と診断されているおばあさん。
診察室で、若いころには富士山に3回登り、四国のお遍路さんもやり、元気はつらつだったのに、もうなにもできないと言って嘆くのです。
年齢の割には元気な方だと思うのですが。
齢をとったのだから仕方がないということが自覚できないという意味では精神疾患なのかもしれませんが、齢をとれば、みんなが思うことであり、そういう意味では正直な方だと思います。
本人が精神科医に診てほしいというので紹介しましたが、精神病の薬で治療するような病気とは違うのでは?と内科医としては思いました。

nice!(0)  コメント(0)