So-net無料ブログ作成
検索選択

2017/7/23 平家滅亡 [読む]

壇ノ浦の戦い。
平家に味方するはずだった集団のいくつかが源氏に寝返る。
平家は京都から都落ち。
やはり逃げていく平家に未来はないと思われて、勝ち馬に乗ったということでしょうか。
安徳天皇の乗る船に源氏が迫ってくる。
二位尼(清盛の妻、時子)は、三種の神器のうちの二つと安徳天皇を抱いて海に身を投げた。
続いて建礼門院(清盛の娘、安徳天皇の母)も海へ飛び込む。

義経はその直後に船に到着し、天皇と神器を守れなかったことを悔しがる。
建礼門院は、源氏方の船に救出される。
その後、安徳天皇と神器の捜索が続けられる。
神器の一つが海底から見つかる。
しかし、安徳天皇ともう一つの神器は見つからなかった。

作者は、安徳天皇はどこかへ隠され、替え玉が入水した可能性に言及しているが、そのような記録は残っていないという。

全体の85%。
生け捕りにされた平家人もいて、まだまだ新・平家物語は終わらない。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。