So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

2016/8/24 お金が使えない悩み [悩む]

amazonでボディーソープとリンス・イン・シャンプーの詰め替えを2個ずつお買い物カゴに入れたのですが、1400円余り。2000円以上まとめて注文しないと買えません。
あと600円。何かないかと必死に考えたのですが、思い浮かびません、
ちなみに私の消費量トップの「金麦」は重くてかさばることもあり、店頭で買うより、かなり高いのでパス。
昔のamazonに比べると、ずいぶん使いにくくなりました。
nice!(0)  コメント(0) 

2016/8/22 Rio Olympic Games were over. [観る]

オリンピックをリアルタイムに見る暇はなく、今日、NHKの総集編を見ました。
時間の制約もあり、開催中のニュースで流れていた内容がほとんどでした。
メダルに絡んだ人たちです。
金メダルを取った人、金メダルを取れなくて泣いた人。
選手たちは、勝つことだけを考えて臨むのでしょう。
個人的には、1番でも2番でもビリでもよいと思うのですが。
そんな中ですごいと思ったこと。
400mリレーで日本が2位になったことです。
個人では誰も決勝に残れなかった4人が、リレーで好タイムをマーク。
それは、バトンを渡す時のロスタイムをいかになくすかという研究の成果だというのです。
スポーツも科学なんだ。
これは東京オリンピックまでに他の国々にも研究されると思います。
スポーツをしない人間にとっては、何の意味があるのかわかりませんが、
世界新記録を追求し続けることが、スポーツの美学と考えている人たちもいるということでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

2916/8/16 ニッポンの景気対策 [考える]

若者にお金を!

日銀の景気対策として、金利を下げてみたけれど、住宅ローンの借り換えが進んだだけで、設備投資や消費拡大には至っていないようです。
消費拡大のためには、企業を優遇するのではなく、若者にお金が回るような政策が必要です。
商品券のような安易な方法ではなく、働いた若者に十分な報酬を支払うということです。

歳をとると、お金の使い道がなくなります。
ほとんど、子供のためか老後の蓄えということになります。
少子化といいながら、お勉強ビジネスがそれなりに流行っているのは、お金を持っている親が、
子供のために使っているからでしょう。

私の景気への貢献といえば、第三のビール購入くらいです。月2万円の支出です。
携帯電話は1200円くらいです。
大きな支出といえば、2年前に買ったハスラーの購入代金ですが、5年乗ったワゴンRの下取りがあって、100万円はかからなかったと思います。

IT社会になって、物を買って所有するという時代から、繋げばだいたいのことは済むという時代になりました。物をたくさん作らなくても、ちょっと作って、必要な人がそこへアクセスすればよいのです。
これ以上、日本の景気を良くするのは難しいのではないでしょうか。

おまけ
1ドル99円
金(ゴールド)にどんな価値があるのか個人的にはわかりませんが、
金本位制、つまり金との交換を保証する紙幣発行という制度がくずれて、
国の信用だけで、為替レートが決まっている今では、
輸出を増やすためには自国の通貨の価値を下げるしかないという醜い競争が続いています。

日本も思い切って国内産業育成のため、もう一度、鎖国にしてみてはどうでしょうか(酔ってる)。
nice!(0)  コメント(0) 

2016/8/14 別れの曲 そして アシタカとサン [創る]


GrageBandで最後まで打ち込み完成。

別れといえば、SMAP解散のニュースが。
ビートルズも解散したくらいですから、
おっさん5人が仲良く仕事を続けるのは難しいのかもしれません。


久石譲(ひさいし じょう)は本名ではなく、クインシー・ジョーンズからとってつけた名前だそうです。クインシーを久石と漢字に当てて、「きゅういし」を「ひさいし」と読ませたわけです。
ジブリの映画でおなじみの曲ですが、別れの曲に劣らず美しい曲です。同じ楽譜を2つの楽器に演奏させて厚みをつけてみました。

花火の撮影で思い出したのですが、
一眼レフカメラには露出時間(シャッタースピード)の設定に「バルブ」というのがあります。
シャッターを押してから離すまで、露出されています。
花火が「ドン」という音とともに打ちあがったら、開く直前にシャッターを押して、開ききったところで離せば、きれいな写真が撮れるはずです。
もちろん、ぶれないように三脚とレリースはマストアイテムです。

リオ・オリンピック金メダリスト記念切手は、買ってはいけません。
82円切手5枚のシートで1400円。
なんというぼったくり商売か。
ほとんどの人は、82円切手も使用しないだろうから、実質1400円ー印刷代が丸儲け。
nice!(0)  コメント(0) 

2016/8/9 禁煙外来 [病む]

83歳の認知症のおじいさん。
慢性肺気腫による呼吸不全で在宅酸素療法。
呼吸器内科医は、タバコをやめろと言う。
認知症を診ている精神科医は、タバコのことは禁煙外来でと言う。

本人はタバコをやめたいとの自覚なし。

禁煙治療は、本人にやめたいという意思がないと100%失敗します。
家族の希望でやめさせようとしてもダメです。

薬は、禁煙補助薬であり、やめたいという患者さんを助ける作用しかありません。

今回の患者さんの場合、本人にタバコを買い与えないことが最大の有効な方法なのですが、
タバコを買ってこないと、大声をあげて騒ぐため、家族も根負けするようです。

であれば、タバコを吸わせてあげるのが、最善の策と思います。
幸い、患者さんは、禁煙エリアでは吸うことはせず、吸いたいときに吸わせてあげれば、他人に迷惑をかけることはないとのことです。
nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -